「残業減らせ」命令に思うこと

今週は忙しかった。

昔、「忙しい」は心を亡くすと書くのだという話を、一緒に働いた人から聞いた。それ以来、なるべく自分から「忙しい」の単語を使わないようにしてるんだけど、それを忘れるくらい、忙しかった。これはもしかしたら本当に心がなくなっていたのかもしれない。

このように話すと、心配してくれる友人たちがまず真っ先に掛けてくれる言葉がある。

Sponsored Link

「帰るのは遅いの?」

 

そう。「忙しい」と「退社が遅い」はイコールであることが多いのではないだろうか。

むしろ早くは帰っている。
というかこんなに忙しいのも、確固たる社内方針として「残業減らせ」話が出たのが原因だからだ。

日本人は残業しすぎ

私は社会人歴はまだ浅い部類だが、既に2社経験しており、その少ない経験の中ではっきりと言えることがある。

日本人は働きすぎ。

比較するほど他国の事情を知らないのが正直なところだけど、やっぱり働きすぎだと思う。

そして私も経験したけど、社会人になりたての若人たちは(若人たちに限らないけど)、「ここのところ毎日終電なんだよね~」と自慢げに語る。
忙しい=リア充な図式ができあがっている。
実に不毛だ。こんな意識は社会全体で今すぐやめたほうがいい。間違いない。

Sponsored Link

欧米人に「どうしてそんなに日本人は働くの?」と不思議がられた話

高校時代に、欧米の田舎でホームステイをしたことがある。

17時半頃にはホストファーザーが仕事を終えて帰宅して、18時には家族みんなで食卓を囲むのがふつうの平日だった。
晩御飯の最中に、父は仕事で帰りが遅いから平日に一緒に晩御飯を食べることがないと軽い気持ちで言ったら、家族みんなすごくびっくりしたから、こっちが驚いた。

22時に帰宅するなら、お父さんはいつ晩御飯を食べるの? What’s?! 帰宅してから食べるの?! それじゃアナタのお父さんのRelax timeはいつ?! ええっ?! 土曜日も日曜日も仕事に行くことがあるの??!Oh My God….

このホストマザーの早口が忘れられない。笑

そして数年後に遊びに行った時、社会人となった私が「毎日のように残業している」と話したら、小さな会社を経営をしているホストファーザーが複雑そうな顔をした。

日本の残業代は、割増ではないのか? うちの国では、定時以降に働いてもらう場合、基本の給料よりも割増で支払う形になるんだよ。会社としては、割増は払いたくないだろう? 翌日の定時時間内に働いてもらえば、いつもの給料で済むじゃないか。そもそも私も従業員も早く帰りたいし、定時になったら会社を閉めるのが当たり前なんだよ。え? 日本でも割増賃金になるのかい!? なんで日本の会社は、そんなに快く割増賃金を支払うんだい??!

ホント、その通りだと思った。

残業は効率が悪い

〇年間で2社働いた社会人の意見として、残業は、間違いなく効率が悪い。

確かに、どうしても残らないとダメだという時もある。
トラブルに追われて、深夜まで残らないと問題が生じる場合だってあるだろう。
でも、それは非常事態の話だ。
社内に日常的に蔓延している空気は「間に合わなければ残ればいい」というダラダラさ。
「この時間までに帰らなければならない」「だが仕事も終わらせなければならない」があれば、パフォーマンスを上げるために何らかの努力をせざるを得なくなる。

私は先週、これを頑張ってみた結果、忙しかった。
でも逆に言えば、残業しないと終わらないと思っていたことが、到達すべきポイントやレベルをきちんと押さえることで、早く終えられるようになったと思う。今まで効率が悪かった部分も多いにあるのだろう。パフォーマンスを上げる努力をしてみたら、張り切りすぎるとエンスト起こしそうな部分も、ちょっと把握できた。調子良く働けるペース配分を、探していかなければならない。

ここまでは個人の心がけ次第だけど、会社は会社として、仕事内容と手順をきちんと精査すべき。仕事の無駄をなくすのは、間違いなく、上の人の裁量次第。一瞬の会議にしか使わない資料、とりあえず関係者全員を集めてみるミーティング、皆に送れば間違いない的な怠惰さから来るcc先の肥大化、etc

今のところ「残業時間減らせ」しか言えない会社上層部には、腹が立っている。

アスペルガーの部下は残業していません

部下さんはいつでも、定時で帰る。

周りがどんなに慌ただしくしていようが、引き止めない限り、定時になった途端に「おつかれさまでした」と言って帰っていく。

でもああいう図太さも、必要だよな。

 

イラッとすることもある一方で、ちょっと羨ましい部下さんのマイペースな後姿。

「今日も頑張れよ!」の応援でワンクリック宜しくお願いします。


☆ask.fmで質問を受け付けています。ブログでも回答します。

Sponsored Link
LINEで送る
Pocket

「「残業減らせ」命令に思うこと」への1件のフィードバック

  1. アンタもアスペだよ。
    ・会社は会社として、仕事内容と手順をきちんと精査すべき。
    ・今のところ「残業時間減らせ」しか言えない会社上層部には、腹が立っている。
    アスペ診断やればわかるが「~するべき」と断定し人に責任転嫁するのがアスペの特徴。
    何社も経験し、残業の意味を勘違いしている発達君にアドバイスだけど皆「間に合わなければ残ればいい」という気持ちで残業やってないよ。
    「到達すべきポイントやレベルをきちんと押さえることで、早く終えられる」なら皆とっくにやっている。皆突発的な仕事が常にあり全体を鑑みたうえで残業する必要性があるから残業しているわけで君みたいな努力で何とかなってしまうタンポポ仕事だけ持って長々残業しているわけじゃない。
    会社としては愚痴しか言わない君みたいなタイプが一番いらん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。