上司の理解は得られるのか

部下さん「あ~どうしよっかな…。もう定時過ぎたな~。あとはチーフに確認して貰うだけなのに、チーフの会議が終わらないから報告ができないな~。帰ってもいいかな……悩むな~~あ~どうしよっかな」

 

というわけで部下さんは今日もかまってちゃんモードが絶好調でした。|д゚)

私は黙々と自分の仕事を続けました。

 

アスペルガーな部下さんに私が振り回されているこの状況は、私の直属の上司であるチーフはきちんと理解してくれている。それでも日々の私の負担は減らない。なぜか。

Sponsored Link

なぜなら、チーフの上には部長がいるけど、この部長の理解がイマイチ進んでいないのだ。

進まないことには様々な要因がある。部長が複数の支店を掛け持っているため、部長は私の部署にとって「名ばかり部長」。現在部署が抱えているタスクをじゅうぶんに理解して貰っているとも言い難いのが現状だ。マネージメントすべき管理職としてどうなのとか言いたいことはたくさんあるけど、業務についてはチーフが何でもしっかり相談に乗ってくれるので、まあ、それはいい。10歩程譲って、仕方ない。会社の体制だから、部長に文句を言っても仕方ないのだ。

だがしかし、「私&部下さん」の放置っぷりについては、物申したいことがある。

感情論ではなく、冷静に客観的に「部下さんは普通ではない」ということを再三言っているにも関わらず、「まあ長い目で見てあげて……」という返答ばかりで、何も解決しない。まあ部長の気持ちもわかる。何某専務の紹介(「はじまり」の記事を参照)だから、部長も動きづらいのだ。

コネ入社とは恐ろしい。

アスペルガーの社員に対する理想の会社の対応

本来であれば、平社員の私なんかにヘラヘラと押し付けていないで、会社がきちんと対応してくれるべきだと思う。だって部下さんがアスペルガー症候群なのだとしたら、長い目で見てどうにかなる問題ではない。

小さな頃から症状を自覚して療育に通って訓練してきた人ならまだしも(よく知らないけど)、本人がアスペルガーだと自覚がなさそうな人って、本当にどうしたらいいのか???? 私の頭は毎日クエスチョンだらけ。

会社としての理想的なステップとしては、

1.会社がアスペルガー社員の症状を理解し、

2.本人と周りへの理解を促し、

3.双方に働きやすい環境を整えられるよう努力する

ではないか。書いてしまえばホップ・ステップ・ジャンプであまり難しくなさそうだけど、私の会社でいえば1のホップの段階から躓いているのだ。。。先は長い。

 

「今日も頑張れよ!」の応援でワンクリック宜しくお願いします。


☆ask.fmで質問を受け付けています。ブログでも回答します。

Sponsored Link
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。